野 鳥 蒼 空

   

ハリオアマツバメ

2017年8月13日(日)
久しぶりの撮影は少し遠出をしてハリオアマツバメ狙いです。
時期的にはちょっと遅いので姿さえ見えないかもしれないという不安はありましたが、
飛来回数は少ないものの飛んできてくれました。




ハリオアマツバメ 15(378)20170813
水浴びの場面。

普通のツバメでさえ4年以上撮っていないので、いきなりハリオアマツバメは速すぎて追えません。難易度 超高~。
ちなみに、ハリオアマツバメは水平飛行の速さではハヤブサを凌ぐ170km/hと言われており鳥類中最速。




ハリオアマツバメ 15(021)20170813
ずんぐりした流線型の身体にブーメランのような翼。速く飛ぶために進化した身体の完成型なのでしょうね。




ハリオアマツバメ 15(063)20170813
昼まで晴れていましたがハリオアマツバメが来る頃は曇ってしまいました。雲の隙間に出たところをパチリ。




ハリオアマツバメ 15(163)_3_20170813
上空に現れたかと思ったら一気に高度を下げると、池で水を飲んだり水浴びをします。




ハリオアマツバメ 15(225)20170813




ハリオアマツバメ 15(297)_3__20170813
背景の緑の映り込みが綺麗です。




ハリオアマツバメ 15(335)20170813
尾羽の先端には「針尾」という名前の由来となった、針のような形の羽根が見えます。




ハリオアマツバメ 15(376)20170813
口を大きく開いて水を飲む体勢です。




ハリオアマツバメ 15(409)20170813




ハリオアマツバメ 15(455)_2_20170813
水浴びの後なのか、羽根が乱れて濡れているように見えます。




ハリオアマツバメ 15(377)_4_20170813
いちばん撮りたかった場面。
曇っていたので露出が上げられないため水飛沫は良い感じになりましたが、ややピントの甘い1枚。




針尾雨燕  White-throated needle-tailed swift

◆Nikon D4
◆AF-S NIKKOR 800mm f5.6E FL ED VR
  1. 2017/08/16(水) 11:59:02|
  2. ハリオアマツバメ

トラフズク

次にトラフズクの場所へ移動。
雛は3羽のようですが、姿が見えたのは2羽だけでした。もう1羽がどこにいるのやら・・・。




トラフズク11(262)201705
親鳥は、木の下からでは撮れないので30m程離れたところから撮影。この場所でしか見えません。といっても見えるのは上半身だけ。





トラフズク11(195)201705
雛が枝葉の茂ったところにいるので下の隙間からパチリ。





トラフズク11(232)201705
もう1羽の雛です。こっちも同じような状況。





トラフズク11(279)201705
親のアップ。トラフズクはかなり久しぶりの撮影ですが、この個性的な顔は忘れられません。





トラフズク11(365)201705





トラフズク11(321)_3_201705



虎斑木菟  Long-eared owl

◆Nikon D4
◆AF-S NIKKOR 800mm f5.6E FL ED VR
 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR
  1. 2017/06/02(金) 23:48:42|
  2. トラフズク

フクロウ雛

2017年5月20日(日)
まだ5月なのに朝から暑く日中は30℃超え。
ただ、神社は木陰で比較的涼しいです。
始めの場所は何とか見える位置にいたので撮影しましたが、2つめの所は葉の生い茂った木の陰に見え隠れするだけなので撮りませんでした。




フクロウ12(012)201705
1羽目。枝や葉の間からパチリ。





フクロウ12(049)201705
近くにもう1羽の雛。こちらも状況は同じ。





フクロウ12(080)_2_201705
親は近くの木で見張り番。




梟 Ural owl

◆Nikon D4
◆AF-S NIKKOR 800mm f5.6E FL ED VR
  1. 2017/05/26(金) 22:53:24|
  2. フクロウ

フクロウ

つづき
次に見に行ったのはフクロウです。
高い位置ですが見やすいところにいました。
雛は未だ出てきていませんでした。
2017年5月7日(日)




フクロウ11(194)_3_201705





フクロウ11(096)_3_201705





フクロウ11(128)_2_201705
3回移動しましたが、飛ぶ瞬間は撮るタイミングを逃してしまいました。





フクロウ11(215)201705





フクロウ11(284)201705
こちらは別の場所のフクロウです。ときおり眠そうに目を開けるだけで、ほとんどの時間寝ています。




梟 Ural owl

◆Nikon D4
◆AF-S NIKKOR 800mm f5.6E FL ED VR
 AF-S NIKKOR 300mm f2.8G ED VR with TC-14E Ⅱ
  1. 2017/05/20(土) 21:47:46|
  2. フクロウ

アオバズク

2017年5月7日(日)
この頃は猛禽を見れる機会が無くなってしまったので、同じ猛禽でもフクロウの撮影に行きました。
まずは、神社の木に佇むアオバズクの夫婦です。



アオバズク30(035)201705
雛が並ぶことはよくありますが、親が並んだ場面は初めて見ました。





アオバズク30(030)201705
お互いの羽繕いをしています。





アオバズク30(040)_2_201705
雌雄の区別は、胸の縦班が太くて濃い方が♂とか言いますが、どちらも同じようで私には判別できません。





アオバズク30(010)201705
「いつまで見てんだよ~」




青葉木菟 Brown-hawk Owl

◆Nikon D4
◆AF-S NIKKOR 800mm f5.6E FL ED VR
  1. 2017/05/13(土) 15:36:35|
  2. アオバズク
前のページ 次のページ

プロフィール

meadow

Author:meadow
■猛禽を主に撮影しています。
季節の移ろいの中で、鳥たちの生き生きとした瞬間を切り取りたいと思います。主な撮影地は東京。


▼いちばん撮りたい鳥・・・シロハヤブサ





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

FC2カウンター