野 鳥 蒼 空

   

コミミズク_菜の花と再び

コミミズクは、午後3時半頃から飛び始めましたが遠くの方でこっちへ飛んで来てくれません。
暫くするとコミミズクは休憩タイム。
再び飛び始めたものの、これまた遠を飛ぶばかりです。
やがて日も暮れてしまいSSは1/10程となり、これでは手も足も出ないので撤収しました。




コミミズク19(101)20170311
遠くで3羽のコミミズクが交差。15:25




コミミズク19(137)20170311




コミミズク19(140)2_20170311





コチョウゲンボウ19(160)20170311
薄暗くなりかけた頃、風に乗って飛んで来たコチョウゲンボウ。





コミミズク19(213)20170311
17:37





コミミズク19(220)20170311






ケリ11(056)20170304
田圃で撮ったケリ。




ケリ11(129)20170304
車内から撮影していると、どんどん近づいてきて終いには入らなくなってしまいました。




小耳木菟  Short-eared Owl

◆Nikon D4
◆AF-S Nikkor 600mm F4G ED VR
  1. 2017/03/24(金) 23:44:54|
  2. コミミズク

久しぶりのコミミズク_菜の花と

ハイイロチュウヒ狙いでしたが、飛びそうもなく風も無いのでコミミズク撮りに急遽変更。
暫く撮ってないなと思っていましたが、コミミズクは実に6年ぶりの撮影となりました。



撮影順に掲載します。

コミミズク18(325)20170304
16:56。 5時近くになりやっと飛び始めてくれましたが、日は未だ沈んでいません。





コミミズク18(363)20170304





コミミズク18(390)20170304





コミミズク18(441)20170304
17:00





コミミズク18(440)20170304





コミミズク18(489)20170304
17:34。30分くらい姿が見えませんでしたが再び飛び始めました。既に日は沈んでしまいました。 f 5.6、1/125 sec、ISO 1100 (下の2枚も同露出)





コミミズク18(512)2_20170304
正面顔をパチリッ。





コミミズク18(515)20170304





コミミズク18(594)2_20170304
分刻みで光が失われていきます。 1/45sec. 、ここまでSSを落とすとシンクロさせるのが難しくなります。気に入ったアングルですが顔がブレブレです。
f 4.8、1/45 sec.、ISO 1100。以下、同じ露出です。





コミミズク18(599)2_20170304




コミミズク18(604)3_20170304
流れる菜の花。仕方なく試した流し撮りですが、高速SSで花を止めるより、こっちの方がいいかも。コミミズクの流し撮りに嵌まりそう・・・。





コミミズク18(605)7_20170304





コミミズク18(616)20170304
背景の煩い枯草もこれでスッキリ。





コミミズク18(617)3_20170304





コミミズク18(632)20170304
すぐ傍を土手を超えて飛んで行きましたが、ブレ・ボケ・フレームアウトと×が3拍子です。





コミミズク18(671)2_20170304
さらに暗くなったので微妙に露出を上げて、ここから f 4.8、1/45 sec.、ISO 1600。





コミミズク18(686)2_20170304





コミミズク18(694)20170304





コミミズク18(728)20170304
17:47。 ここらで終了です。




小耳木菟  Short-eared Owl

◆Nikon D4
◆AF-S Nikkor 600mm F4G ED VR


 
  1. 2017/03/12(日) 22:56:38|
  2. コミミズク

オオタカ_アオサギを狩る

2017年2月25日(土)
日が暮れかけたので帰り支度をしているとカラスの騒がしい声が聞こえてきました。
遠くの川を見るとオオタカがアオサギを襲っていました。



オオタカ141(015)2_20170225
最初の1枚はこんなカットです。この大きさでも半分程の切り抜きで、距離にすると300m近くあります。





オオタカ141(018)_1150_20170225
さらに大きくしました。襲った直後でアオサギが倒れ込んでいます。





オオタカ141(020)_1150_20170225
この瞬間を近くで撮りたいですが・・・。





オオタカ141(022)2_20170225
オオタカはアオサギの首を掴んで水中に沈めているようです。





オオタカ141(040)3_20170225
カメラを担ぎ草地を駆け抜けて3分後に河原に出ました。未だ沈めています。

この後、川を渡りました。
長靴など準備していないのでズボンを膝までまくって入りましたが、暖かい日とは言え2月の川は冷たいです(当たり前)。





オオタカ141(046)20170225
暫くすると川岸に向かって泳ぎ始めました。水中とはいえ、自分よりも大きなアオサギを引っ張るかなりの力持ちです。





オオタカ141(055)3_20170225
川岸には枯草が生い茂っていて陸地から水際を見ることはできません。





オオタカ141(062)_3300_20170225
やっと見つけました。食事中です。





オオタカ141(064)_3300_20170225





オオタカ141(075)20170225
突然、ノスリが横取りしようと飛んできました。





オオタカ141(081)20170225
しかし、すぐに飛び去って行きました。ノスリは一体何しに来たんだか。





オオタカ141(129)_3300_20170225
どこにいたのか、すぐにオオタカが戻って来ました。





オオタカ141(152)20170225
枯草が被ってしまうので、川へジャボジャボ入り見やすい位置に出ました。
膝下まで川に浸かった状態で撮影していますが、冷たさは感じません。慣れたのか、それとも足が麻痺したか?。





オオタカ141(187)_20170225





オオタカ141(214)20170225
また、ノスリが来ました。




オオタカ141(242)20170225
オオタカは後ろで待っています。ノスリごときに横取りされて、反撃しないのでしょうか。





オオタカ141(264)20170225
やがて2羽とも飛び去り、オオタカが止まった木を見ると若いオオタカもいました。次の子育ての準備に入る時期なのに母親(かな?)に未だ付きまとっているのでしょうか。

そして、アオサギの方向を見るとトビが集まっていました。オオタカ、ノスリ、トビとタカの序列通りの風景です。



蒼鷹  Northern Goshawk

◆Nikon D4
◆AF-S Nikkor 600mm F4G ED VR
  1. 2017/03/06(月) 23:48:49|
  2. オオタカ

ハイイロチュウヒ再び

2017年2月19日(日)
再びハイイロチュウヒを撮りに行きました。
途中で2か所に立ち寄り、ここについて暫くすると、それまでの凄まじい風が嘘のように微風状態になってしまいました。
もう少し風が吹いてくれると良いのですが・・・。



ハイイロチュウヒ 21(087)20170219
明るい時間に♀が遠くを飛びました。





ハイイロチュウヒ 21(114)20170219
こっちは、塒に帰って来た♀。至近距離ですが後ろ向きで顔が見えません。これじゃあねぇ~。





ハイイロチュウヒ 21(129)20170219





ハイイロチュウヒ 21(130)20170219
辛うじて顔が見えましたが・・・。





ハイイロチュウヒ 21(132)20170219
ストンと塒に入ったきり出てきませんでした。
 ♂は未だ帰って来ていないようですが、今日も明るいうちに撤収です。




灰色沢鵟 Hen Harrier

◆Nikon D4
◆AF-S Nikkor 600mm F4G ED VR

  1. 2017/02/27(月) 23:36:38|
  2. ハイイロチュウヒ

久しぶりのハイイロチュウヒ

2017年2月11日(土)
前回はいつ撮ったか忘れてしまいそうなくらい長いこと撮っていなかったハイイロチュウヒ。

近くを飛んだ時は高い位置のため空抜け写真になってしまいましたが、
久しぶりに見ることが出来たので良しとします。




ハイイロチュウヒ20(067)20170211
♂はすぐに葦原に飛び込んでしまいましたが、♀が帰ってきて追い立てられる(?)と飛び出しました。




ハイイロチュウヒ20(100)2 20170211
夕陽のハイイロチュウヒ。




ハイイロチュウヒ20(103)2 20170211





ハイイロチュウヒ20(111)2 20170211





ハイイロチュウヒ20(114)20170211





ハイイロチュウヒ20(131)20170211





ハイイロチュウヒ20(136)20170211





ハイイロチュウヒ20(139)3 20170211




ハイイロチュウヒ20(158)20170211





ハイイロチュウヒ20(187)20170211
2羽並んで飛んでいますが、向こうで構えているカメラマンは気付いていないようです。




灰色沢鵟 Hen Harrier

◆Nikon D4
◆AF-S Nikkor 600mm F4G ED VR


  1. 2017/02/20(月) 23:00:00|
  2. ハイイロチュウヒ
前のページ 次のページ

プロフィール

meadow

Author:meadow
■猛禽を主に撮影しています。
季節の移ろいの中で、鳥たちの生き生きとした瞬間を切り取りたいと思います。主な撮影地は東京。


▼いちばん撮りたい鳥・・・シロハヤブサ





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

FC2カウンター