野 鳥 蒼 空

   

オオタカ_アオサギを狩る

2017年2月25日(土)
日が暮れかけたので帰り支度をしているとカラスの騒がしい声が聞こえてきました。
遠くの川を見るとオオタカがアオサギを襲っていました。



オオタカ141(015)2_20170225
最初の1枚はこんなカットです。この大きさでも半分程の切り抜きで、距離にすると300m近くあります。





オオタカ141(018)_1150_20170225
さらに大きくしました。襲った直後でアオサギが倒れ込んでいます。





オオタカ141(020)_1150_20170225
この瞬間を近くで撮りたいですが・・・。





オオタカ141(022)2_20170225
オオタカはアオサギの首を掴んで水中に沈めているようです。





オオタカ141(040)3_20170225
カメラを担ぎ草地を駆け抜けて3分後に河原に出ました。未だ沈めています。

この後、川を渡りました。
長靴など準備していないのでズボンを膝までまくって入りましたが、暖かい日とは言え2月の川は冷たいです(当たり前)。





オオタカ141(046)20170225
暫くすると川岸に向かって泳ぎ始めました。水中とはいえ、自分よりも大きなアオサギを引っ張るかなりの力持ちです。





オオタカ141(055)3_20170225
川岸には枯草が生い茂っていて陸地から水際を見ることはできません。





オオタカ141(062)_3300_20170225
やっと見つけました。食事中です。





オオタカ141(064)_3300_20170225





オオタカ141(075)20170225
突然、ノスリが横取りしようと飛んできました。





オオタカ141(081)20170225
しかし、すぐに飛び去って行きました。ノスリは一体何しに来たんだか。





オオタカ141(129)_3300_20170225
どこにいたのか、すぐにオオタカが戻って来ました。





オオタカ141(152)20170225
枯草が被ってしまうので、川へジャボジャボ入り見やすい位置に出ました。
膝下まで川に浸かった状態で撮影していますが、冷たさは感じません。慣れたのか、それとも足が麻痺したか?。





オオタカ141(187)_20170225





オオタカ141(214)20170225
また、ノスリが来ました。




オオタカ141(242)20170225
オオタカは後ろで待っています。ノスリごときに横取りされて、反撃しないのでしょうか。





オオタカ141(264)20170225
やがて2羽とも飛び去り、オオタカが止まった木を見ると若いオオタカもいました。次の子育ての準備に入る時期なのに母親(かな?)に未だ付きまとっているのでしょうか。

そして、アオサギの方向を見るとトビが集まっていました。オオタカ、ノスリ、トビとタカの序列通りの風景です。



蒼鷹  Northern Goshawk

◆Nikon D4
◆AF-S Nikkor 600mm F4G ED VR
  1. 2017/03/06(月) 23:48:49|
  2. オオタカ

プロフィール

meadow

Author:meadow
■猛禽を主に撮影しています。
季節の移ろいの中で、鳥たちの生き生きとした瞬間を切り取りたいと思います。主な撮影地は東京。


▼いちばん撮りたい鳥・・・シロハヤブサ





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

FC2カウンター