野 鳥 蒼 空

   

神々しいほど美しい__白いチョウゲンボウ

10月11日(月)の続き 2010.10.11 Mon.

2時間近く待ったところで主役の白いチョウゲンボウが出てきてくれた。
初めて見る白い猛禽だ。
真っ白なチョウゲンボウが青い空を飛ぶ様子は神秘的であり、とても不思議な光景だった。
そして、太陽を背にしてホバリングする姿は、まるで天空から舞い降りてきた白い天使でも見ているようだ。


目は赤みを帯びているため白変種ではなくアルビノだろう。
尾羽が8枚しかないことが気になった。
チョウゲンボウは通常12枚であり、ハヤブサやオオタカも同じ数だ。
生まれながらのものなのか、抜けてしまったのか、抜けたにしても12枚が8枚になってしまうというのは少なすぎる、、、、。
方向転換やチョウゲンボウお得意のホバリングに影響があるだろう。

それから、白い身体なので小鳥を狙うときは目立ちやすく狩りは不利になる。
また、アルビノには視力の問題もあるようだ。
他にもハンディがあるのかもしれないが精一杯生き抜いてもらいたいものだ。



◆動画は後日アップします。


チョウゲンボウ35(1156)101011





チョウゲンボウ35(484)20101011





チョウゲンボウ35(572)101011
地上目掛けてダイブ開始。





チョウゲンボウ35(578)_810_2_20101011





チョウゲンボウ35(584)_2_101011
バッタを掴んで飛び上がっていきます。天使はバッタがお好き。





チョウゲンボウ35(610)101011





チョウゲンボウ35(646)101011





チョウゲンボウ35(679)101011
背面をパチリッ。





チョウゲンボウ35(694)101011





チョウゲンボウ35(798)101011
逆光下でホバリング。透けた翼が綺麗です。





チョウゲンボウ35(848)101011





チョウゲンボウ35(858)_810_101011
翼の骨格が形が薄っすらと感じ取れます。翼角あたりの血管も透けて見えます。





チョウゲンボウ35(938)101011





チョウゲンボウ35(1029)101011
木から地上目掛けて飛び出し。





チョウゲンボウ35(1042)101011
おーっと、狩りは失敗。





チョウゲンボウ35(1046)101011





チョウゲンボウ35(1144)_810_101011
白いため露出設定が難しいです。





チョウゲンボウ35(1153)_810_101011
腰の辺りが僅かに灰色です。この部分が灰色ということは♂でしょうか。





チョウゲンボウ35(1159)_810_2_101011





チョウゲンボウ35(1260)101011
振り向いたところをパチリッ。気づかなければ白いハト。





長元坊  Common Kestrel

■Nikon D3
■AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ


にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ ランキングへ

  1. 2010/10/22(金) 00:34:36|
  2. チョウゲンボウ

プロフィール

meadow

Author:meadow
■猛禽を主に撮影しています。
季節の移ろいの中で、鳥たちの生き生きとした瞬間を切り取りたいと思います。主な撮影地は東京。


▼いちばん撮りたい鳥・・・シロハヤブサ





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

FC2カウンター