野 鳥 蒼 空

   

合間のパチリッ_イタチなど

イタチ 11(208)t       20101212
イタチ君。草地の中から出てきました。こちらに興味がありそうですが・・・。





イタチ 11(209)t       20101212
走って行ってしまいました。





キジ(009)101121
突然飛び出して、そしてすぐに降りてしまう手強い奴。





ハクセキレイ(229)20101128
サバクヒタキ。はあっ?





エナガ15(428)20101230
賑やかなエナガがやって来ました。





エナガ15(443)20101230
横目でチラッと「なんか用?」。





ヒメアマツバメ12(062)20101230
ツバメが群れで高いところを飛んでいました。こんな時期にツバメが何故居るのだろうと思いましたが、よく見ると留鳥のヒメアマツバメでした。





ヒメアマツバメ12(158)20101230
しかし、生憎の曇り空。





ヒメアマツバメ12(162)20101230
キーーーーーン。





ヒメアマツバメ12(503)20101230
爆弾投下。暫くすると青空が出てきたので、さあ気合を入れて撮影開始と思った途端に何処かへ飛んで行ってしまいました。





イカルチドリ16(624)20101230
日向ぼっこ中のイカルチドリ。





カイツブリ(653)110104
ポチャッ。





ミコアイサ11(622)110104
「よこせ~」。ミコアイサ





ミコアイサ11(683)110104
ミコアイサ♀。





ミコアイサ(671)_810_110104
ミコアイサレディース。残念ながらパンダ君は混じっていませんでした。



■Nikon D3
■AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ



にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ ランキングへ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/30(日) 23:53:15|
  2. ヒメアマツバメ
  3. | コメント:8

ハイタカ登場

つづき



ハイタカ34(042)_2_20110104
この日いちばん最初に現れたのはハイタカ(♀)でした。





ハイタカ34(033)20110104
旋回しながら近づいて来ます。





ハイタカ34(043)_810_20110104





ハイタカ34(049)_810_2_20110104





ハイタカ34(086)20110104
そして、邪魔者登場。カラスに追われる場面もありましたが、狩りをする様子はなく遠ざかって行きました。





ハイタカ34(464)20110104
続いて、成鳥♂が登場。





ハイタカ34(474)_810_20110104
下からパチリッ。下から見てもやっぱり出目金です。





ハイタカ34(480)20110104





ハイタカ34(713)20110104
陽が西に傾いたころ、遠くを飛んで行くハイタカ。





灰鷹 Eurasian Sparrowhawk

■Nikon D3
■AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ



にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ ランキングへ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/26(水) 00:40:24|
  2. ハイタカ
  3. | コメント:11

縦横無尽_ハヤブサ

川で待つこと1時間半、何も現れない。風が冷たい。                            2011.1.4 Tue. 
今日は空振りか。
やっと姿を見せたのはハイタカだった。
その後、若いハヤブサが飛んできてカラスを追い回し、縦横無尽に飛びまわってくれた。






ハヤブサ33(205)20110104







ハヤブサ33(123)20110104
東の方向にハヤブサが現れました。一直線に飛んでいきます。





ハヤブサ33(134)20110104
向かって行く先にいたカラスを追い立てます。建物が目いっぱい大きく写っていますが、こんな身近なところにもハヤブサは居る、ということで・・・。





ハヤブサ33(147)20110104
別のカラスの群れです。ハヤブサは急反転し、ここでもカラスを追っ掛けます。





ハヤブサ33(149)20110104
狙うカラスにロックオン。





ハヤブサ33(150)20110104
カラスをからかって遊んでいます。遠いですがカラスの悲鳴が聞こえてきそうです。





ハヤブサ33(165)20110104
キーーーーン。




ハヤブサ33(193)20110104
旋回を始めました。




ハヤブサ33(199)20110104
こちらに向かって飛んで来ます。





ハヤブサ33(200)_810_20110104
久しぶりに近くで見るハヤブサはやはり速~い。





ハヤブサ33(202)_810_20110104
ハヤブサ「ウザいカラスどもを追っ払ったぜ」。





ハヤブサ33(225)20110104
今度は西の空を飛ぶドバトの群れに突っ込んで行きました。が、狙っていません。
この後、瞬く間に飛び去って行きました。





ハヤブサ33(287)20110104
暫くすると再び現れました。





ハヤブサ33(349)20110104
そして、草地の上を高速で飛んで行き見えなくなってしまいました。





ハヤブサ33(379)20110104
また飛んで来ました。忙しいハヤブサです。





ハヤブサ33(382)20110104
縦横無尽に飛び回ります。私は何処を向いて撮っているのか分からなくなります。





ハヤブサ33(562)20110104
若いハヤブサが姿を消して暫くすると、今度は成鳥(♀)が現れました。





ハヤブサ33(594)20110104
高い位置から下を気にしているので川のカモを見ていたようです。



隼 Peregrine Falcon

■Nikon D3
■Nikon AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ


にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ ランキングへ



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/20(木) 23:35:36|
  2. ハヤブサ
  3. | コメント:12

珍しいチョウセンチョウゲンボウ

車を走らせていると道端の木に鳥が留まっていた。                             2011.1.2 Sat.
チョウゲンボウのようだが遠目には白っぽく見える。近づいてみるが、やはりチョウゲンボウだ。
初めは距離をおいて撮影したが、逃げそうもないので近寄って手持ちで撮ってみた。
それにしても変わった色のチョウゲンボウがいるものだ・・・。

と、「脱色ぎみのチョウゲンボウ」とでも題して掲載しようとしたが、チョウゲンボウにしては変異が大き過ぎるので気になって調べてみた。

その結果、亜種チョウゲンボウに比べて全身の色が淡いことや胸の縦斑が細く見えることなどから、亜種チョウセンチョウゲンボウだということが分った。
おもに冬季に日本海側や九州で見られるという、いわゆる大陸型だ。





チョウゲンボウ41(389)20110102
黄色いアイリングと蝋膜はチョウゲンボウと同じ。この角度ではハヤブサ髭はかなり不明瞭です。





チョウゲンボウ41(346)20110102
翼の下面も白っぽいです。





チョウゲンボウ41(370)_812_20110102
胸から腹部にかけては成鳥♂の色に似ていますが縦斑は細いです。羽軸の近くだけが濃い色をしているため班が細長く見えるようです。
成鳥はさらに細く見えるらしいので、この個体は幼鳥かもしれません。





チョウゲンボウ41(382)20110102
尾羽の横帯がチョウゲンより多いと書かれていましたが、この角度では確認出来ません。





チョウゲンボウ41(396)20110102
反対側に回って撮ってみました。背面も全体が淡い色で過眼線やハヤブサ髭も薄い色をしています。班はチョウゲンボウ(♀)と同じように見えます。





チョウゲンボウ41(429)20110102
真下を歩いても動じません。私のことは完全に無視。





長元坊  Common Kestrel

■Nikon D3
■Nikon AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ


にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ ランキングへ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/15(土) 17:58:44|
  2. チョウセンチョウゲンボウ
  3. | コメント:12

普通のチュウヒ

田圃で撮ったチュウヒ。
チュウヒは個体差が大きいが、似たような個体ばかりで特徴的なものはあまり見かけなかった。





チュウヒ19(411)20101231
すぐ近くを飛んで行きましたが逆光です。





チュウヒ19(424)20101231





チュウヒ19(446)20101231
山をバックにパチリッ。





チュウヒ20(006)20110102
VTOLハリアーの垂直離陸。
猛禽の中でも垂直離陸が出来るのはチュウヒ類だけ。こんな広々とした場所でやらなくても良さそうなものだが・・・筋トレか?。





チュウヒ20(132)20110102
タゲリが追っかけていました。





チュウヒ20(199)20110102
畔に降りて休憩中。





チュウヒ20(252)20110102
ここでも休憩中。





チュウヒ20(302)20110102
上の写真と同じ個体。





チュウヒ21(017)20110105
墜落ではなく、低空から急降下。ネズミでも見えたのでしょうか。





チュウヒ21(118)20110105





チュウヒ19(419)_810_20101231
1枚目と同じ個体です。





沢鵟 Asian Marsh Harrier


■Nikon D3
■Nikon AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ


にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ ランキングへ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/13(木) 19:41:47|
  2. チュウヒ
  3. | コメント:6

コミミズク

ハイイロチュウヒを待つが気配無し。                                   2011.1.2 Sun.
このため予定外だったが場所を変えてコミミズクを見に行く。
しかし、詳しい位置が分からない。
偵察機「プレデター」を飛ばして空からポイントを確認。(出来たらいいな)

高い所から辺りを見回すと、見えた見えた沢山見えた。
見えたのはコミミズクでは無くて沢山のカメラマン。
ということで、コミミのポイントは特定できた。





  
コミミズク16(445)20110102
着地して辺りを見回しています。





コミミズク16(557)20110102





コミミズク16(582)_2_20110102





コミミズク16(610)20110102
スーっと滑空してきて木に留まりました。





コミミズク16(685)20110102
夕陽を浴びてウトウト~。スターは寝不足です。





コミミズク16(692)20110102
目がキラッ。





コミミズク16(487)_810_20110102
あらよっと。ネズミを狙って着地か。陽に透けた翼が綺麗です。





コミミズク16(593)_812_20110102






小耳木菟 Short-eared Owl

■Nikon D3
■AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ

 

にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ ランキングへ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/06(木) 22:20:35|
  2. コミミズク
  3. | コメント:12

コチョウゲンボウ_続き

つづき



コチョウゲンボウ16(093)20101231
コチョウゲンボウは畔の上で食事中でした。正月早々ちょっとグロいですが、、、これも自然。





コチョウゲンボウ16(113)20101231





コチョウゲンボウ16(161)20101231
逆光のため、そっと回り込んで順光側へ出ました。最後に足を飲み込んで、ごっちゃんでした~。





コチョウゲンボウ16(240)20101231
ボリボリ。





コチョウゲンボウ16(333)20101231
すっかり寛いで日向ぼっこモードになってしまいました。身体の色は♀のように見えますが、顔つきや背中の羽の軸線などから♂若かもしれません。





コチョウゲンボウ16(355)20101231
その場を離れて田圃道を走っているとタヒバリかスズメのような鳥が群れで舞い上がりました。
次の瞬間、地上1mくらいのところを高速で群れに突っ込んで来たのがこのコチョウゲンボウ。
狩りは成功し獲物を足で押さえています。
こちらは♀のようです。





小長元坊  Merlin

■Nikon D3
■AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ



にほんブログ村 にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ ランキングへ

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/04(火) 01:34:14|
  2. コチョウゲンボウ
  3. | コメント:10

プロフィール

meadow

Author:meadow
■猛禽を主に撮影しています。
季節の移ろいの中で、鳥たちの生き生きとした瞬間を切り取りたいと思います。主な撮影地は東京。


▼いちばん撮りたい鳥・・・シロハヤブサ





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

FC2カウンター