野 鳥 蒼 空

   

もう一組のツミのペア_悲劇

6月28日(土)
「もう一組のツミのペア」には3羽の雛が誕生していました。

巣は住宅地の桜の木にあり、僅か8m程の高さなので地上からも見える位置にある。
下を住民が通っても気にする様子も無く営巣していた。
そんな場所で静かに見守ってきました。

ツミの子供たちが無事に巣立って元気に飛び回る姿を見届けたかった。
しかし、親が巣から離れた隙にカラスの集団に襲われて雛は全滅していましました。
可愛い雛の姿を見てしまったので、自然の掟とは言え可哀想でならない。
しかも、相手が憎っくきカラスとなると、、、。




ツミ22(066)_2_20080601








■5月4日(日)

ツミ18(275)20080504

抱卵中の♀。
ツミが住宅地で営巣している話を聞いて見に行った。
巣作りをしていた頃はよく見えたらしいが、周りはすでに葉で覆われていた。
団地の屋内階段からソーッと覗かせてもらい、微妙に位置を調整しながら葉の隙間をぬってパチリッ。




■5月10日(土)

ツミ19(023)20080510

今日は雨。5月だというのに寒い程だ。雨に打たれながら♂が抱卵していた。
何となく不機嫌そうな顔。やはりこういうことは♂にとって苦手なのだろうな~。




■5月18日(日)

♀が抱卵している。順調そうだ。(今日は撮影せず)





■5月25日(日)

ツミ21(020)20080525

♂が巣の様子を見に来たところをパチリッ。
今日は♀が巣の中で立ち上がっているので孵化したのかもしれない。



ツミ21(026)20080525

父ちゃんは餌捕りに出撃。
「そんなところでボーッとしてないで餌捕ってこい」と怖~い母ちゃんに追い出されたかな。



ツミ21(042)20080525

この位置からは確認出来なかったが、既に雛が孵っていたようだ。
初めの1羽は21日で3羽目は25日。卵は5個あったが無事に孵ったのは3羽のみとのこと。



ツミ21(119)20080525

♂から受け取った餌を持って巣に飛び込む♀。ピントが合っていません~。





■6月1日(日)

ツミ22(132)20080601

巣に3羽の雛が居ることを確認できた。真っ白い綿毛で覆われていてぬいぐるみのようだ。
怖~い顔の優しい母親が餌を与えていた。



ツミ22(147)20080601

今日は♂の姿が見当たらない。このため、♀が餌を捕りに行っているようだ。巣を離れると1時間近く戻って来ないが、雛たちだけで大丈夫なのだろうか。



ツミ22(186)20080601

こんな小さくても嘴は猛禽です。もう羽ばたきの練習ですか~、落ちるなよ~。



ツミ22(247)20080601

おやおや未だ食べたり無いのかな。
雛の姿を見たのはこれが最初で最後になってしまった。




■6月7日(土)

1週間ぶりに様子を見に行った。
巣の中まで見えないが雛が居る気配が感じられない。親の姿も見えない。
30分程して通りかかった住民から、雛がカラスの集団に襲われたことを聞いた。
♀が巣から離れているときだったという。
雨が降った翌日と言っていたので、4日のことのようだ。
♂が姿を消してしまったので♀だけで雛の世話をしていたらしい。
♂は何故居なくなったのだろうか、、、。

ずる賢いカラスのことなので♂が居なくなったことに気づいていたのだろう。
そして、♀が巣を離れるときを待っていたのかもしれない。
普段はツミに追い飛ばされるカラスだが、このときを狙っていたのだろう。

憎きカラスめ、、、。
カラスは仲間の死体があると警戒して近づかないという習性があるらしい。
今思うと、カラスを捕まえて近くの木にでもぶら下げておけば良かったかな、などと本気で考えてしまう。




  1. 2008/06/28(土) 13:55:37|
  2. ツミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

ハヤブサ_幼鳥

つづき

今年生まれた子供は2羽のようだ。
午前中は崖や木で休息している時間が多かったが、
親がトビを攻撃した直後に2羽の幼鳥の追いかけごっこが始まった。
食べかけの餌を持つ方をもう1羽が追いかけている。




ハヤブサ(215)20080615

岩場で休んでいた幼鳥の1羽が飛び出したところをパチリッ。



ハヤブサ(086)20080615

「何やってるの?」というような表情でこっちを見ている。未だあどけない顔だ。



ハヤブサ(217)20080615

幼鳥といってもハヤブサなので速いっ。
名前の由来は「速い翼」がなまって隼(ハヤブサ)となったという。昔の人が見ても、他の猛禽に較べて格段に速く見えたのでしょう。



ハヤブサ(243)20080615

岩の上へ向かって急上昇。



ハヤブサ(528)20080615

追いかけごっこの始まり。



ハヤブサ(527)_B_20080615

逃げるほうの幼鳥。餌をしっかりと掴んでいた。



ハヤブサ(535)_800_20080615

カメラ目線?。



ハヤブサ(552)20080615

上空を1羽が通過。



ハヤブサ(586)20080615

待て~。



ハヤブサ(593)20080615

今度は空の上で、未だやっています。



ハヤブサの最高速度は、250kmとも300km/hとも言われている。
NATIONAL GEOGRAPHIC MOVIEにハヤブサの急降下スピードを計測する映像があり、
番組の中で183mi/hを記録したと言っていた。293km/hだ。
さらに1週間後の実験では242mi/hを出した。なんと387km/hだ!。びっくり!!



  1. 2008/06/21(土) 21:49:33|
  2. ハヤブサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

ハヤブサ_トビにアタック

6月15日(日)
久しぶりにハヤブサを撮影に行った。
天気予報では晴れるはずだったが空一面が雲で覆われていた。
ハヤブサは親子ともに姿が見えるがあまり動かない。
今日は来なければよかったかな~、とちょっと後悔。

ところが昼を回ったあたりから徐々に雲が流れて青空が見えてきた。
木で休息していたハヤブサ(親)が、何が気に食わなかったのかトビを突然攻撃し始めた。



■遅くなりましたが、ハヤブサのトビ攻撃編をアップしました。


ハヤブサ(383)_2_20080615



ハヤブサ(381)20080615

突っ込んでくるハヤブサ。残念、ピンが手前のトビにきてしまいました。上の写真の2カット前のシーンです。





ハヤブサ(366)20080615

ハヤブサが通り過ぎてもトビは未だでんぐり返し状態。




ハヤブサ(372)20080615

上から攻撃、急降下中のハヤブサ。写真を上下反対にしたわけではありません。


ハヤブサ(374)20080615

身体を回転させながらターゲットの位置を確実に絞込み。


ハヤブサ(376)20080615

目標に接近(この写真の隅っこにトビが写っていましたがカットしました)


ハヤブサ(377)_1200_20080615

キーーーーーンと高速で通過。トビが「キャハッ!!、何すんだよ~」と言ったかどうか。
鈍重な輸送機か爆撃機を高速の戦闘機が一方的に攻撃しているようなもので、トビは身をかわすことで精一杯だ。





ハヤブサ(420)20080615

今度は水平飛行で攻撃。


ハヤブサ(421)_1200_20080615

上写真の次のカット。トビはただ爪を立てて対抗するのが精一杯。ハヤブサはこの後、急上昇して行った。



ハヤブサ(353)20080615



ハヤブサ(616)20080615





■D3
■AF-S Nikkor VR ED300mm F2.8G with TC-14EⅡ

  1. 2008/06/17(火) 01:12:08|
  2. ハヤブサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

もう一組のツミのペア_2(♀)

6月1日(日)
昨日は一日中雨降りだったが、今日は久しぶりにスカッとした快晴。
気持ちよく晴れたのは何日ぶりだろうか。
で、今日もツミの様子を見に行った。

巣を飛び出した♀親は木立の中に潜んで獲物を狙っていた。
今日は♀しか見ることが出来ず♂の姿が無いことが気になる。




ツミ22(102)20080601

♂に較べてキリッとした精悍な顔立ちの♀。いかにもタカらしい顔つき。
f4.8、1/250、ISO1100



ツミ22(100)20080601

目線の先に何か?。遠くを見たところをパチリッ。



ツミ22(115)20080601

電線留まりは今一だが、木漏れ日と葉のボケで全体が水彩画のタッチに撮れていた。実は露出ミス(オーバー)した1枚です。



ツミ22(083)20080601

電線を伝って茂みの中を移動していた。木の枝よりも留まりやすいのだろうか。



ツミ22(096)20080601

ん~ん、かっこいいー。



■D3
■AF-S Nikkor VR ED300mm F2.8G  with  TC-14EⅡ
 
  1. 2008/06/07(土) 22:24:26|
  2. ツミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

プロフィール

meadow

Author:meadow
■猛禽を主に撮影しています。
季節の移ろいの中で、鳥たちの生き生きとした瞬間を切り取りたいと思います。主な撮影地は東京。


▼いちばん撮りたい鳥・・・シロハヤブサ





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

FC2カウンター