野 鳥 蒼 空

   

カワラヒワ軍団

1月27日(日)
堰堤の斜面でカワラヒワが餌採りをしていた。
ときおり一斉に飛び立ち、近くの木や葦原へ飛んで行く。
レンズを手持ちで上下左右に振り回して撮ってみた。




カワラヒワ(315)20080127

青空に黄色のカワラヒワ。カワラヒワは、やっぱり背面が撮りたい。



カワラヒワ(278)20080127

着陸体勢。



カワラヒワ(270)20080127

どうにかこれも背面から撮れた。



カワラヒワ(268)20080127




カワラヒワ(054)20080127

逆光の中でパチリッ。



カワラヒワ(180)20080127

葦原に飛び込む。



カワラヒワ(277)20080127

こっちに向かって来る。



カワラヒワ(276)20080127




カワラヒワ(207)20080127

おやっ?、頭がへこんで見える1羽発見、禿げているのか?。



カワラヒワ(302)20080127





■D2Xs
■AF-S Nikkor VR ED300mmF2.8G with TC-14EⅡ



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/29(火) 01:30:13|
  2. 野鳥[Other]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カンムリカイツブリ飛ぶ

1月13日(日)撮影
久しぶりにお水系の鳥を撮りに湖へ行った。
風が強い。
遮るものが無いため吹き飛ばされそうなほどだ。




1_カンムリカイツブリ(049)20080113

これらの種類の鳥が水面にプカプカ浮いているところを撮ってもつまらないので、アクティブなシーンを狙った。





カンムリカイツブリ(101)20080113

波が来たところをパチリッ。



カンムリカイツブリ(030)20080113

水面を突然走り始めた。翼に較べて胴体が大きく重そうだ。



カンムリカイツブリ(040)20080113

飛んでくれるか。



カンムリカイツブリ(043)20080113

バシャバシャバシャバシャ、、、、、。足をフル回転。



カンムリカイツブリ(045)20080113

飛んだ~。カンムリカイツブリの飛行シーンは初めて見た。なーんだ、飛べるんだ。と感心?。
変わった形の足をしていて、まるで草履でも履いているような格好だ。スリッパにも見えるかな。



カンムリカイツブリ(235)20080113

カンムリカイツブリの多くは休憩モードだ。強風のため波が高く、ときおり砕けて白波が立つ。



キンクロハジロ(153)20080113

キンクロハジロ。約1羽波被り状態。



ダイサギ(094)20080113

強い向かい風にダイサギも空中で止まってしまいそうだ。



ハジロカイツブリ(149)20080113

ハジロカイツブリ。飛んでくれたが遠すぎて撮れなかった。



テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/19(土) 22:34:33|
  2. 野鳥[Other]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

動と静(エナガ&ベニマシコ)

1月6日(日)撮影
今日は猛禽の姿が見えない。で、すぐ傍にある草地へ行った。
間もなくベニマシコの「フィッフィッ」という軽やかな声が聞こえてきた。
種子を口の周りに沢山付けてのんびりと食べていた。

ベニマシコの写真をモニターでチェックしていると、
「ジュル~ン、ジュル~ン、ジュル~ン…」と賑やかな声。
エナガの群れがやって来た。
忙しなく動き回りながら群れで移動している。
”空飛ぶ肉団子”の突然の登場に、どのエナガにレンズを向けてよいやら迷ってしまう。
こりゃ、手強い相手の登場だ。



エナガ(204)20080106

お気に入りの1枚。だけど、ちょっとピン甘。



エナガ(294)20080106

「動くなーっ!」。チョコマカ動き回るエナガ



エナガ(295)20080106

「飛ぶなーっ!」。急な飛び立ちにレンズが振れません。ピントはバッチリ、、、木の枝に、、、。



エナガ(232)20080106

「近づくなーっ!」



エナガ(190)20080106
「後ろ向くなーっ!」




エナガ(268)20080106

「じっとしてね」



エナガ(297)20080106

おおっ?。


エナガ(263)20080106

カメラ目線。やっと撮らせてもらえた。



ベニマシコ(111)20080106

エナガとは対照的なベニマシコ。



ベニマシコ(091)20080106

ムシャムシャ。撮っていてもお構いなし。



■エナガ(Long-tailed Tit)
ベニマシコ(Long-tailed Rose Finch)


テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/12(土) 18:08:56|
  2. 野鳥[Other]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ハイタカ急接近

2008年1月4日(金)撮影より。

「一富士 二鷹 三茄子」。朝は冬空にクッキリ浮かび上がる富士山が見えた。
そして、猛禽ポイントに到着していきなりハイタカの飛来。
「三」はともかくとして幸先の良いスタートとなった。
が、しかし、その後が続かず猛禽の姿はあまり見ることが出来なかった。
オオタカもチョウゲンボウも出張中のようだった。




ハイタカ(008)_4_20080104






ハイタカ(002)20080104

ハトに絡んでいたのだろうか、最初に見たときはハトの群れから飛び出したところだった。
おおっ、何か見つけたかな、ハイタカにしては表情のある顔。



ハイタカ(003)20080104

逆光で撮りにくい位置だが、こっちに向かって近づいて来るぞ。



ハイタカ(008)20080104

1枚目写真のオリジナル版。
撮っているときは、ファインダーの中でハイタカがゆらゆら揺れていた(私の持つレンズが不安定なのかな?)。
レンズの画角は4°程度だろうか。グングン近づいて来る最中に、この狭いレンジにバッチリ収めるのはかなり難しい。
左右に僅かに動かれただけでフレームからはみ出してしまいそうだ。



ハイタカ(021)20080104

ハイタカのお尻。旋回して回り込んでくれたので順光になった。



ハイタカ(040)20080104

横向きを下から撮ったが平凡なので省略。少し遠くてもこのアングルの方が好きだ。



ハイタカ(046)20080104

行くぜっ。



ハイタカ(030)20080104

やっぱり掲載。小ちゃいと迫力が出ないので飛びものはデッカク撮りたいもんだ。



ハイタカ(051)20080104

こんな向きも好きかな。



ノスリ(120)20080104

スアシノスリ。はあっ?。 今年はケアシノスリが多いと聞くが何時かは撮ってみたいものだ。




■D2Xs
■AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ


 
  1. 2008/01/08(火) 23:41:15|
  2. ハイタカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

撮り納めはチョウゲンボウ

2007年12月31日(月)撮影より。
今年最後も猛禽ポイント。

■ダイジェスト版と前後しますが、こちらが2007年の撮り納めです。



1_チョウゲンボウ_2_(015)20071231






2_チョウゲンボウ(006)20071231

今日のデート相手、チョウゲンボウのお嬢さんが畑で待っていてくれた。
(もちろん、お嬢さんの都合でたまたまココに居ただけ)
この辺りを縄張りにしていて、ノスリが木に留まれば急降下で威嚇したり
♂のチョウゲンを追い払うという、ちょっと気の強いお嬢さん。



3_チョウゲンボウ(028)20071231

獲物を見つけたのかいきなり飛び立ち、そして着地直前のカット。



4_チョウゲンボウ(030)20071231

トイヤーーっ!!、と勢いよく草の中へ身体が半分埋まるほど突っ込んだが、足には何も持っていなかった。残念。



5_チョウゲンボウ(041)20071231

飛び立ってグルリと旋回、そして再び降りた。



6_チョウゲンボウ(075)_2_20071231

しかし、犬を散歩する人が通りかかったため飛び去ってしまった。人に対しての警戒心はあまり無いが犬は嫌いなようだ。



7_オオタカ(083)20071231

チョウゲンボウが居なくなった後もこの場所で待っていると、若いオオタカがハトに突っ込む場面があった。
おそらく、地上で採餌をしているところへ突入したが上手くいかず、ハトが飛び上がったところを追いかけているのだろう。



8_オオタカ(088)20071231

ハトの群れから離れて一旦上昇した。



9_オオタカ(096)20071231

再度突入したが狩りは失敗。この後、オオタカは高度を上げ飛び去って行った。かなりピンボケの1枚。
■右下がオオタカです。



10_ハイタカ(140)20071231

遠くをハイタカが飛んでいた。綺麗な♂成鳥のようだがちょっと遠すぎた。



12_チョウゲンボウ(175)20071231

チョウゲンボウのお嬢さんが再び登場した。今度は高いところでホバリング
している。



13_チョウゲンボウ(222)20071231

上空をグルリと旋回したが飛び去ってしまった。空は青いがこのあたりだけ曇ってしまった。
今日は雲が次々にかかり、晴れたり曇ったりの繰り返しで忙しい天気だ。



14_タヒバリ(242)20071231

夕方、「チーッ」という鳴き声とともにタヒバリが田圃から舞い上がる。タヒバリの飛行シーンは初撮影。こりゃー、ツバメより難しそうだ。



15_ノスリ(263)20071231

ノスリも山へお帰り。



16_モズ(300)20071231

陽が沈みかけた頃、夕日を浴びて佇むモズの旦那。杭にビニール紐が巻いてあったのでフレームから外したため、構図的にちょっと無理がある。




■D2Xs
■AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ


 
  1. 2008/01/03(木) 23:45:25|
  2. チョウゲンボウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

meadow

Author:meadow
■猛禽を主に撮影しています。
季節の移ろいの中で、鳥たちの生き生きとした瞬間を切り取りたいと思います。主な撮影地は東京。


▼いちばん撮りたい鳥・・・シロハヤブサ





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

FC2カウンター