野 鳥 蒼 空

   

2007年ダイジェスト_1~6月

12月30日(日)


2007年ダイジェスト 1~6月

今年も残すところあと1日。
で、1年を振り返って纏めてみた。
2007年アルバムの出来あがり~。



0 1230 ハイタカ(283)_2_20061230

06年12月30日。1年前の今日撮影したハイタカ。陽が傾きかけた頃に真上に突然現れた。



0_1230 チョウゲンボウ(392)20061230

ハイタカの後に現れたチョウゲンボウ。夕日を浴びて飛行。目標を見据えるような気合の入った目がお気に入り。



0113_エナガ(291)20070113

1月 エナガの群れが忙しなく動き回っていた。動きが止まった一瞬の愛らしいポーズをパチリッ。



0120_ユリカモメ(443)20070120

1月  ユリカモメ。水面が赤みを帯びた夕暮れ時の1枚。


 
0120_ヤマガラ(004)20070120

1月 草むらでガサコソしていたヤマガラが目の前の木に飛び出してきた。飛んで行く位置を確認するかのような一瞬の表情。



0128_カンムリカイツブリ(745)20070128

1月 カンムリカイツブリ。水面を突然走り出した。翼があるんだから飛びなさーい。



0224_チュウヒ(136)20070224

2月 葦原を哨戒中の目線の高さのチュウヒ。



0224_チュウヒ(249)20070224

2月  チュウヒ。翻ったため下面に陽が当たった。



0304_コミミズク(2142)20070304

3月 今年も撮りたいコミミズク。



0304_チョウゲンボウ(119)20070304

3月 チョウゲンボウ。横よりもむしろこんなアングルが好きかな。



0304_チョウゲンボウ(244)20070304

3月 続いてホバリング。



0310_コミミズク(179)20070310

3月 コミミズク。地上の獲物に向かってGO。上のコミミズクと同じ個体だろうか。



0408 イカルチドリ(135)20070408

4月 イカルチドリ。3羽が並んだところをパチリッ。前後のボケは狙い通りだが、
陽炎が立ち込めているのでユラユラした画になってしまった。



0415_ノビタキ(238)20070415

4月 高原風ノビタキ。



0429_ツバメ(318)20070429

4月 渡ってきたばかりだというのに巣作りに忙しいツバメが畑を飛び回っていた。
レンゲを入れてパチリッ。



0505_コアジサシ(1008)20070505

5月 コアジサシ。ジッと待つ♀のもとへ♂が接近。逆光に透けた翼が綺麗だった。



0505_キョウジョシギ(2378)20070505

5月 キョウジョシギを流し撮り。



0505_イソシギ(2441)20070505

5月  地上すれすれを飛ぶハマシギ。背景の光の点が線になった。



0505_コアジサシ(2619)20070505

5月 コアジサシがダ~イブ。



0505_シギ(2210)20070505

5月  シギの混群。キアシシギ、オオソリハシシギ、キョウジョシギ、ハマシギといったところか。



0505_シギ(2549)20070505

5月  バックがアオサなので流し気味に撮影。背景がブルーだったらなあ~。



0603 ブッポウソウ(308)20070603

6月 いつもの止まり木へ。ブッポウソウ。



0623_ハヤブサ(079)20070623

6月 トビに攻撃を仕掛けた後のハヤブサ。



0623_ハヤブサ(136)20070623

6月 ハヤブサ幼鳥。キリッとした顔が印象的。 



0623_ハヤブサ(144)20070623

6月 戯れるハヤブサ幼鳥たち。



                  ■後半↓に続きます■


  1. 2007/12/30(日) 20:37:10|
  2. ◆野鳥[Raptor]猛禽複数種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2007年ダイジェスト_7~12月

2007年ダイジェスト 7~12月

0701_ヨシゴイ_2_(418)20070701

7月  緑の田圃をスイスイ飛んで行くヨシゴイ。特に精悍なわけでもなく、もちろん可愛さも無いが、飛ばれるとレンズを向けてしまう。



0708_アオバズク(029)20070708

7月 今年も来てくれたアオバズク。「何か用?」とでも言いたそうな目。



0714_セッカ(041)20070714

7月  たまには静的な画を。向日葵とセッカ。



0714_ツバメ(375)20070714

7月 台風接近中。雨の中、田圃を飛び回るツバメ。



0721 ツミ(189)20070721

7月 暗い林中で食事中のツミ。これまた、「何か用?」。食事中失礼しました~。



0721 ツミ(361)20070721

7月 ツミ幼鳥。顔はすっかり一人(鳥?)前。



0812_ササゴイ(523)20070812

8月 炎天下、ジーッと鳥を待つ。若いササゴイが近くへやって来た。ドジョウをゲット。



0819_ツバメ(621)20070819

8月 水面が青く映る時間帯を待ちツバメを撮影。



ノビタキ(265)20070916

9月 秋のノビタキ。青い背景の画ばかり並んでしまうので1枚追加。



0919_ハチクマ(1267)20070919

9月 ハチクマの渡り。以下、ハイタカまでは白樺峠にて。



0920_サシバ(2410)20070920

9月 サシバ。近くを通過して行った。



0920_サシバ(3156)20070920

9月 陽の傾きかけた頃、南を目指すサシバ。



0920_ハイタカ(305)20070920

9月  低空をもの凄いスピードで飛んで行ったハイタカ。



1021_オオタカ(080)20071021

10月 オオタカ。猛禽の中でも撮影の機会が一番多かった割には良い写真が撮れなかった。



1123_ノスリ(087)20071123

10月 意地悪カラスに追われるノスリ。私に向かって「助けて~」とでも言いたそうな眼差し。タカなんだからシャキッとしなさ~い。



1124_ミサゴ(094)20071124

11月 川の上を哨戒飛行するミサゴ。極め付きのシーンは撮れなかった。来年の課題だ~。



1201_ハイイロチュウヒ(1405)_2_20071201

12月 最後は美しいハイイロチュウヒ。次は、正面を大きく撮りたい。





  1. 2007/12/30(日) 20:33:02|
  2. ◆野鳥[Raptor]猛禽複数種
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりのチョウゲンボウ

12月23日(日)
昨夜からの雨も止み、11時頃から一気に晴れ渡ってきた。

午後から天候が回復する予報だったため撮影に行くかどうか迷っていたが、
早めに回復したので猛禽ポイントへ出かけた。
2週間ぶりの撮影だ。




チョウゲンボウ(049)20071223

チョウゲンボウが遠くの木で休んでいた。紅葉バックにパチリ。



チョウゲンボウ(027)20071223

こっちが1カット目。




チョウゲンボウ(043)20071223

この後飛び立ってしまったが1時間半程すると近くに飛んできた。



チョウゲンボウ(121)20071223

その後も、暫くこのチョウさんを撮らせてもらった。
今日は、オオタカやハイタカの姿も無くチョウゲンボウデーだった。



チョウゲンボウ(167)20071223

杭から地面へ飛び降りて餌を探しているようだ。その後また杭に戻る。何度もこの繰り返しをしていた。



チョウゲンボウ(171)20071223

しかし、杭は3m程の間隔で何本も立っているので、飛び立った杭に戻るとは限らない。
どうにか写っていた1枚。



チョウゲンボウ(253)20071223

散歩中の人が来たため飛んでいってしまった。



カワラヒワ(274)20071223

カワラヒワ。群れで飛ぶところを狙ったが飛んでくれず、1羽ずつになってしまった。



  1. 2007/12/24(月) 00:57:09|
  2. チョウゲンボウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハイイロチュウヒ再び

12月8日(土)のつづき
1羽目は明るい時間帯に帰ってきたが、遠かったことや曇ってしまったことで、
冴えない出来栄えになってしまった。




ハイイロチュウヒ(152)20071208

1羽目帰還。



ハイイロチュウヒ(149)20071208

背面が撮りたいが、上手い具合に中々入ってくれない。



ハイイロチュウヒ(157)20071208




オオタカ(202)20071208

葦原の上を駆け抜けて行くオオタカ



ハイイロチュウヒ(456)20071208

暗くなっても葦原を舞うハイイロチュウヒ。1/10sec.、まるで影絵のようだ。




  1. 2007/12/23(日) 23:35:14|
  2. ハイイロチュウヒ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チュウヒ

2007年12月8日(土)
ハイイロチュウヒを撮りに再び出かけた。
しかし、目的のハイイロチュウヒよりもチュウヒを沢山撮った1日になってしまった。
他には、遠くでダイブするミサゴ、葦原をふっ飛んで行くオオタカを撮影した。




チュウヒ(326)20071208

翼の茶色は濃く灰色の部分がある。大陸型チュウヒのようだ。



チュウヒ(013)20071208

昼下がり、青空を舞うチュウヒ。こんな高いところから地上が見えるのだろうか。



チュウヒ(086)20071208

哨戒飛行。



チュウヒ(115)20071208

2時ごろになると曇が出てきた。葦原から飛び立ったところをパチリッ。



チュウヒ(175)20071208

塒へ向かって真っ逆さまに急降下。



チュウヒ(358)20071208

塒入りのため帰って来たチュウヒ。1枚目と同一個体。
何とも無愛想で可愛げの無い顔、タカだから当たり前か、、、。同じチュウヒの仲間でもハイイロチュウヒの方が親しみのある顔で好きだな~。



チュウヒ(386)20071208

葦が入りチュウヒらしい写真になったが、手前の葦が被ってしまい前ボケになってしまった。



チュウヒ(496)20071208

陽はすっかり暮れてしまった。飛んでいるチュウヒをどこまで写せるか試してみた。1/10sec.。どうにか止まった1枚は、V字の翼と顔の向きで辛うじてチュウヒと分かるシルエットになった。



  1. 2007/12/09(日) 23:23:34|
  2. チュウヒ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬の使者_ハイイロチュウヒ_2

ハイイロチュウヒのつづき

2007年12月1日(土)撮影




ハイイロチュウヒ(1401)_2_20071201

ハイイロチュウヒの正面顔。猛禽を正面から撮るのは好きだ。



ハイイロチュウヒ(1292)20071201

葦原を舞うハイチュウ。この時間帯、陽はまだ出ている。



ハイイロチュウヒ(1322)20071201

塒へズドーンと急落下してしまった。



ハイイロチュウヒ(1359)20071201

身体が夕日で薄っすらと赤く染まっている。



ハイイロチュウヒ(1393)20071201

う~っ、格好いい~。



ハイイロチュウヒ(1404)_2_20071201

陽が落ちると急速に暗くなる。光量が瞬く間に減っていく状況で撮影条件は厳しい。



ハイイロチュウヒ(2029)20071201

2羽がさらに接近した場面も見られたが、バッファがフルになってしまいシャッターが切れず、タイミングをはずしてしまった。




■D2Xs
■AF-S Nikkor ED600mm F4DⅡ



  1. 2007/12/03(月) 23:42:46|
  2. ハイイロチュウヒ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

冬の使者_ハイイロチュウヒ

2007年12月1日(土)
早いもので今年も残り1ヶ月になってしまった。

今日はハイイロチュウヒを撮りに行った。
昨年は撮れなかったこともあり、振り返ってみると3年ぶりの出会いになる。
久しぶりに見るハイイロチュウヒはやはり美しかった。

他には、チュウヒ、ハイタカ、飛行中のベニマシコとカワラヒワを撮影した。



■画像処理が終わっていません。まずは1枚アップ。

ハイイロチュウヒ(453)_6_20071201

夕暮れ時、枯野を舞うハイイロチュウヒ。ん~ん、ハイチュウはやっぱり美しい。




  1. 2007/12/01(土) 23:56:24|
  2. ハイイロチュウヒ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

meadow

Author:meadow
■猛禽を主に撮影しています。
季節の移ろいの中で、鳥たちの生き生きとした瞬間を切り取りたいと思います。主な撮影地は東京。


▼いちばん撮りたい鳥・・・シロハヤブサ





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ 

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

FC2カウンター